クラウンホール / S. R. Crown Hall

イリノイ工科大学の建築学科の施設です。ミースが主任教授を務めている時に、自身の設計で建築されました。
想像していたより大きいというのが第一印象。(67m✕37m✕5.5m)
鉄とガラスで出来ており、構造を外に出すことにより室内に大空間を実現しています。浮いたように見える出入口の階段も美しいです。その入口から覗き込んでいたら、学生さんがどうぞと中に入れてくれました。
平屋かと思っていたのですが、半地下のある2階建てなんですね。見学した時には気付かず、後で知りました。
大学キャンパスのマスタープランもミースとのこと。グリッド状の建物配置はきれいだと思いますが、やや人工的過ぎるかもしれませんね。(工科大学なのだからそれでいいか...)