ガラスの家 / Glass House

フィリップ・ジョンソンの自邸でもあるガラスの家です。

芸術を愛したフィリップ・ジョンソンらしく、19万平方メートルの広大な敷地にグラスハウスやゲストハウス、書斎、彫刻ギャラリー、絵画ギャラリー、オブジェ等が点在しています。そのためか全体的には、住宅というより屋外美術館といった印象です。

文字通りガラスと鉄骨で組まれたグラスハウスは見た目には美しいですが、当然ながら中からも外からも丸見えです。周囲は全て自分の土地とは言え、実際に住むのはどうでしょう? 暑さや寒さも気になります。

室内はオープンなワンルームですが、レンガの円筒があって、その中はシャワールームと洗面台、外側は暖炉となっています。部屋に居ながら木々に囲まれているというのは、少なくとも明るい昼間は快適なのは間違いないです。