ベーカー・ハウス / Baker House

MITの学生寮の一つです。1940年代にMITで教鞭を執ったアアルトによる設計です。

建物の形状を波形の平面形にして部屋を配置することにより、出来るだけ多くの部屋から、前を流れるチャールズ川越しにボストンの街並みが見えるように設計されているそうです。張り出した階段室も特徴になっています。

外観は荒いレンガによる仕上げですが、ボルダリング施設のように、所々レンガが飛び出ています。まさかこの壁を登れということではないと思いますが・・・。ちなみに後のサーリネンによるチャペルも同じ仕上げになっています。

いずれにしてもこうしたレンガの建物は、現代的・工業的な建物が多いMITキャンパスの中では少々異色ですが、生活感があって温かみを感じさせてくれます。