MITステイタ・センター / Ray and Maria Stata Center

「これぞゲーリー」とでも呼ぶべき建築。カフェ、講義室、ラボ等が入ったこの施設は、MITの建築群の中でも特に目立ちます。

竣工後に雨漏りで訴えられたという話も聞きますが、さもありなんと思うほど、レンガやステンレスパネルで仕上げられた建築が不規則に重なり合っていて、所々その仕上げがそのまま内部にも続いています。

天井の高いカラフルな1階のスチューデント・ストリートには掲示板やホワイトボードがあり、いかにも大学といった雰囲気があります。一方で2階より上のラボや教授室のあるフロアは複雑な迷路のようになっており、初めて行くと迷ってしまいます。迷っている内に思わぬところで思わぬ人同士(研究者や学生)の出会いがあり、そこからまた新しい研究成果が生まれるそうです。そういったことも実はプログラムとしても計算されているそうです。

スタタ センター スタータ センター