アールト大学 講堂 / Aalto-yliopisto Teknillisen korkeakoulun päärakennus

アールト大学はヘルシンキ工科大学、ヘルシンキ経済大学、ヘルシンキ美術大学が2010年に統合再編された大学です。アアルトはヘルシンキ工科大学で建築を学び、大学の移転に伴って行われたコンペにより、現在のキャンパスの何棟かの校舎も設計しています。

この本館と講堂は雑誌でも良く紹介されていますよね。思ったより小さいなというのが第一印象です。野外劇場のような扇型の階段状のスペースは学生たちのたまり場となっていました。

室内の講義室は天井が高く、建物の形状そのままの空間となっているのが良く分かります。間接的に自然光も取り入れているようですが、この日はほとんどカーテンが閉まっていて、あまりその様子が分かりませんでした。

講義室前のロビーはアアルトらしい天窓が設けられた広いスペースです。

ちなみに見学した日はメーデー前日の4/30で、フィンランドの学生は伝統的にその日はキャンパスや街中でお祭り騒ぎなのだそうですが、逆に施設内部は静かに見学することが出来ました。また著名な施設だけあって、日本人も含めて見学者も何人かお見かけしました。