KITHUL-AMI

ジェフェリー・バワの生誕100周年を記念して制作されたパビリオンです。ルヌガンガに設置されています。

the giftというこのインスタレーションプロジェクトには、6人のアーティストが招待されました。隈さんもその一人です。

ヘリタンス・カンダラマにもある椅子をモチーフとして、Kithulという地元のヤシ科の植物を使って、地元のスリランカの職人と協力しながら制作したそうです。自然を活かしたこの庭園の中では、隈建築の特徴である木のルーバーでは違和感があったかもしれませんが、地元の素材を使うことで、スリランカに合ったパビリオンになっているのかなと思います。

ヘリタンス・カンダラマの椅子

◆ 関連書籍