ポンピドゥー・センター / Centre Pompidou

パリ市内の中心部にある国立の芸術文化センターです。建築としてはあまりに有名であり、レンゾ・ピアノ&リチャード・ロジャースの名前も一躍有名にしました。

構造や設備ダクト、エスカレーター等を外部に出すことにより、館内は展示ホールとして広々とした空間を確保しています。当時前衛的であったデザインも、メンテナンスが行き届いていることもあってか、現在でもあまり古さを感じさせません。また展望テラスからは、パリらしい風景を望むことが出来ます。
素晴らしいのは広場。自分が訪れたのは平日の夕方でしたが、観光客がスロープ状の地べたに座って、談笑したりぼーっとしたり、ストリートミュージシャンの奏でる音楽に耳を傾けたり・・・。気持ちの良い時間でありました。