IRCAM / IRCAM

ポンピドゥー・センターの関連施設である国立の音響音楽研究所であり、ポンピドゥー・センターにも隣接しています。

1978年にピアノ&ロジャースの設計により竣工しましたが、音響研究施設ということもあり、その大部分は噴水広場の地下にあります。

そして1990年に増築されたのが、ピアノによる設計のタワー(オフィス)です。