すみだ北斎美術館 / Sumida Hokusai Museum

2016年11月に開館した墨田区による葛飾北斎の美術館です。

アルミパネルとスリットが印象的なキレイな建築です。スリットは地上部分では十字の通路となっていて、来訪者は四方からアクセスしたり通り抜け出来るようになっています。

この場所は工事中から何度か通っていたのですが、その度に「こんな狭い敷地に美術館?」と思っていました。実際見学するとコンパクトに出来ていますし、展示スペースとしては充分と言えないまでも足りているかと思います。しかし1階と展示室(3階&4階)を結ぶ縦動線がエレベータのみというのはやや疑問です。混雑時には大変そうです。たぶん来訪者用の階段も設けたかったのかと思うのですが、そのスペースまでは確保出来なかったのでしょう。事務室が展示室を挟んだ2階にあることも一因だと思われます。限られた敷地の中で様々なスタディを試行錯誤したのだろうということが感じられました。

また展示についてですが、見学したのは常設展だけだったのですが、基本的には展示品が全てレプリカというのはガッカリです。企画展の展示品は本物なのでしょうが、常設展もせめて版画くらいは本物を展示してほしいですね。